妊娠線の予防法と解消法 >  妊娠線のかゆみ
      【PR】産後のお腹がたった2ヶ月でマイナス12cm! → 産後ダイエット

妊娠線のかゆみに注意

妊娠線ができる時期は、早い人で4ヶ月頃から、遅い人で7ヶ月頃です。
脂肪のつきやすい部分に現れる赤紫色の妊娠線は、
1本の線の幅が2~3ミリで、長さは5センチ程度です。

妊娠線には痛みはありませんが、かゆみを伴うことはあります。
これは、妊娠によるホルモンの影響で皮膚が変化することや、
子宮に胆嚢が圧迫され胆汁酸の分泌が悪くなり、
肝臓に負担がかかるために起こってくるようです。

妊娠線の予防法は体を清潔にして、下着は刺激のない肌に
優しい素材を選びましょう。
妊娠線がかゆくなる部分は人によっても違うためその対処法も様々ですが、
かゆみがひどくなりかきむしってしまう前にきちんと診察を受け、
症状や部位に合った薬を処方してもらいましょう。

妊娠すると、体の変化に伴い、手足がしびれたり足がむくんだり、
静脈瘤ができたりと不快な症状が現れますが、ひどい場合には医師に相談して
少しでも快適なマタニティライフを過ごしましょう。


200万人のママの声を集めて商品化したゲル!
保存料、添加物など一切なく、無香料なのでつわりの時も気にならない。

妊娠中だけでなく出産後の乾燥する肌のケアにも。
もちろん赤ちゃんのボディクリームとしても使えます。