妊娠線の予防法と解消法 >  妊娠線を目立たなく
      【PR】産後のお腹がたった2ヶ月でマイナス12cm! → 産後ダイエット

妊娠線を目立たなくするには

妊娠線ができてしまったら消すことはできなくても、
少しでも目立たないようにしたいですよね。
妊娠線にはできやすい人とできにくい人がいます。

肥満体質の人や肌が乾燥していて潤いや弾力に欠ける人はできやすく、
逆に、妊娠中も体重増加の少ない細身の人や、肌に潤いがありみずみずしい人は、
妊娠線ができにくいようです。

また、年齢や出産回数にも関係し、若くてまだ初産の妊婦さんは、
肌に潤いがありのびがあるためできにくく、
年齢が上がり、経産婦さんになると皮膚の柔軟性が失われているため
妊娠線ができやすくなります。

妊娠中は赤紫色の線となり目立つ妊娠線も産後は白っぽく
シワのようになるため、妊娠中よりは目立たなくなります。

でも、もっと妊娠線を目立たなくするには予防する時と同じ
クリームジェルでのマッサージや、レーザーでの療など、
また、部分痩せにも効く引き締めクリームでお腹全体を引き締め、
張りのある肌に蘇らせることも効果的でしょう。


200万人のママの声を集めて商品化したゲル!
保存料、添加物など一切なく、無香料なのでつわりの時も気にならない。

妊娠中だけでなく出産後の乾燥する肌のケアにも。
もちろん赤ちゃんのボディクリームとしても使えます。