妊娠線の予防と解消法 >  妊娠線はなぜできる >  妊娠線はなぜできてしまうのでしょう
      【PR】産後のお腹がたった2ヶ月でマイナス12cm! → 産後ダイエット

妊娠線はなぜできてしまうのでしょう

妊娠すると、赤ちゃんの成長と共に、お腹がどんどん大きくなっていきます。

とくに妊娠後期になってくると、赤ちゃんの体重がぐんと増えることや、
つわりが終わった妊婦さんの食欲も増していくことから、
お腹が一段と大きくなり、おへその窪みも段々と分からなくなってくるほど
お腹の皮が張ってきます。

そのため、皮膚の下にある皮膚組織が、お腹の張り具合についていけず、
亀裂が生じてしまい、その亀裂によって、稲妻のようにいく筋も
縦に赤紫色の線ができてしまいます。
それが妊娠線です。

妊娠線は、お腹だけではなく、胸や太もも、おしり、二の腕、足の付け根、
ふくらはぎなどにもできることがあります。
妊婦さんの約7~8割が悩まされるこの妊娠線。

妊娠線かゆみを伴うことも多く、分娩後も白い線になり
一生残ってしまいます。
一度できてしまった妊娠線は薄くすることはできても、
消すことができないため、できる前になるべく予防することが大切です。


200万人のママの声を集めて商品化したゲル!
保存料、添加物など一切なく、無香料なのでつわりの時も気にならない。

妊娠中だけでなく出産後の乾燥する肌のケアにも。
もちろん赤ちゃんのボディクリームとしても使えます。