妊娠線の予防と解消法 >  妊娠線を予防する方法 >  妊娠線を予防するために気をつけること
      【PR】産後のお腹がたった2ヶ月でマイナス12cm! → 産後ダイエット

妊娠線を予防するために気をつけること

妊娠線ができないようにするためには妊娠中に以下のようなことに
気をつけることで妊娠線予防になります。

妊娠線は体重の急激な増加によってもできてしまうため、妊娠中には
太り過ぎないための食事制限と、適度な運動が大切です。

バランスのとれた、繊維質、低脂肪、高たんぱくの食事を心がけ、
ウォーキングやマタニティビクス、水泳など、無理のない程度に
体を動かしましょう。
運動をすることにより、血液の循環も良くなり、腰痛予防にも効果的です。

体重増加はなるべく7~10キロに抑えることが望ましいでしょう。
体重管理によって、急激にではなく徐々にお腹の皮を伸ばしていけば
妊娠線もできにくいはずです。

体重管理は妊娠線予防だけではなく妊娠中毒症や、難産も防ぐため
母子ともに健康な出産のためにとても大切です。

妊娠線ができるほかの理由としてあげられるのは皮膚の乾燥があります。
妊娠4~5ヶ月頃からは皮膚の保湿に気を配り、
弾力のある肌をキープしましょう。


200万人のママの声を集めて商品化したゲル!
保存料、添加物など一切なく、無香料なのでつわりの時も気にならない。

妊娠中だけでなく出産後の乾燥する肌のケアにも。
もちろん赤ちゃんのボディクリームとしても使えます。