妊娠線の予防と解消法 >  保湿ケアで妊娠線予防 >  保湿ケアをして妊娠線予防しましょう
      【PR】産後のお腹がたった2ヶ月でマイナス12cm! → 産後ダイエット

保湿ケアをして妊娠線予防しましょう

妊娠線予防する時に大切なのは肌の保湿です。

皮膚は表皮・真皮・皮下組織の3つから成り立ち、妊娠によりお腹が
大きくなっていくと皮膚もお腹の膨らみと共に急激に伸ばされていきます。

でも、表皮は伸びても、皮下組織は伸びることができず亀裂が生じます。
そしてその亀裂の下から毛細血管が透けて赤紫の線状になってしまうのが妊娠線です。

一度生じた亀裂は元に戻らないためそうなる前に、つわりが終わる
妊娠4ヶ月を過ぎた頃からお腹や下腹、太ももや足の付け根など
妊娠線ができやすいところをしっかりとケアしましょう。

保湿作用や軟化作用のあるヒアルロン酸やスクワラン、アロマオイルなどを
マッサージしながら皮膚に塗りこみ、常に皮膚を柔らかく伸びのある状態に
保つことが大切です。

そうしたケアにより、急激に赤ちゃんが大きくなる妊娠後期に入っても
妊娠線ができにくく、かゆみも抑えることができます。
柔らかく伸びのある肌をキープすることが妊娠線予防の第一歩です。


200万人のママの声を集めて商品化したゲル!
保存料、添加物など一切なく、無香料なのでつわりの時も気にならない。

妊娠中だけでなく出産後の乾燥する肌のケアにも。
もちろん赤ちゃんのボディクリームとしても使えます。