妊娠線の予防と解消法 >  産後の体型と妊娠線 >  お腹はへこんでも消えない妊娠線
      【PR】産後のお腹がたった2ヶ月でマイナス12cm! → 産後ダイエット

お腹はへこんでも消えない妊娠線

妊娠期間中に増えた体重は産後はどうなるのでしょう?
産後すぐは5~6キロ減少する程度です。
そして、母乳が順調に出ればまた体重は減っていきますが、
母乳が充分に出なければ逆に太ってしまうこともあります。

また、たとえ体重が元に戻ったとしても乳房やお腹まわりに脂肪がついているため、
体型は妊娠前とは違い見た目は太った感じになってしまいます。

体型を元に戻すためには産後6ヶ月頃からガードルやウェストニッパーなどで
たるんだお腹をしっかり締めていきましょう。
産後のケアで未来の自分に差がでます。

しかし、お腹はへこんだとしてもできてしまった妊娠線については、
お腹のへこみと共に消えていくわけではありません。
産後は白っぽい線となり妊娠中よりも目立たなくなっていくとはいえ
やはり妊娠線は気になるもの。

でも諦めず、妊娠線を薄くするためのケアを体型を戻すためのケアと同様に
続ければ何もしなかった人との差ははっきりとでてくるでしょう。


200万人のママの声を集めて商品化したゲル!
保存料、添加物など一切なく、無香料なのでつわりの時も気にならない。

妊娠中だけでなく出産後の乾燥する肌のケアにも。
もちろん赤ちゃんのボディクリームとしても使えます。